松本セイジは、1986年に庭師の父親、庭師と左官の祖父、洋裁師の祖母という職人家系のルーツを持って生まれた。大阪の自然に囲まれた町で、犬、うさぎ、鳥など多くの動物達と一緒に暮らす。

 幼い頃から父親の庭師の仕事を手伝っていた事もあり、プロの現場で物作りをする楽しさや厳しさ、感覚を叩き込まれた。また、絵を描く事が楽しみの一つで、家族や友人に見てもらい喜んでもらえることが、何よりも嬉しかった。気付けば、絵は彼のコミュニケーションツールになっていた。

 大阪芸術大学へ進学後、木版画が織りなす優しげな色合い、日本らしさに魅了され作品制作に没頭。同時にアパレルブランドのグラフィックデザイナーとしても働き始める。この頃から、動物や植物などを少なめの色数とシンプルな形で表現するスタイルで描き始める。優しさ、ゆるさを感じ取ることができる彼の作品には、めまぐるしく変化する日常、社会において人々の心を和ませたいという思いが強く込められている。

 そして2010年に東京に活動の場所を移しデザイナー、イラストレーターとしてMLBやLINEゲームなどのプロジェクトに関わる。2016年に独立し、アーティスト活動の拠点をニューヨークに移す。ニューヨークのギャラリーやイベントで作品を展示し精力的に活動中。現在までに、Disney、UNIQLO、The New York Times、マクドナルド、KARMALOOPなど様々な分野のアートを手がけている。

instagramで日々、イラストを更新中

 

 

エキシビジョン
-2017     Solo Exhibition / ambassador (ニューヨーク)
-2017     Solo Exhibition / Café Grumpy Fashion District (ニューヨーク)
-2017 Bushwick Open Studios 2017 Group Art Show/ Beyond Studios (ニューヨーク)
-2017 Solo Exhibition / SBC GALLERY (ニューヨーク)
-2017     Solo Exhibition / Café Grumpy Grand Central Terminal (ニューヨーク)
-2017 JCAT SHOW CASE / GALLERY MAX NEW YORK (ニューヨーク)
-2017 Arts in Bushwick Community Day / House of yes (ニューヨーク)
-2008 大阪芸術大学卒業制作展 / 大阪芸術大学(大阪)
-2007 ポートフォリオ展 / 石田大成社ホール(京都)
-2004 ポストカード展 / White cube Kyoto(京都)

 

受賞暦
-2015 UT GRAND PRIX / STAR WARS  キリアン・プランケット賞  受賞
-2010 The Artists Who Love Mickey & Minnie Mouse  入選
-2006 講談社フェーマススクールズイラストコンテスト  入選
-2005 講談社フェーマススクールズイラストコンテスト  佳作
-2005 日本イラストレーター協会 Illustration Award   佳作
-2004 White cube Kyoto post card book audition  準グランプリ  受賞